« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

三河高原トレイルレース

今日はトレヒヨ隊のヒヨコ3人のトレイルレースデビュー。トレヒヨ隊長にピヨピヨついて行って(車に乗せてもらって)なんと三河高原(遠い!)まで。
東名乗ってる間…ずーーーーーっと雨、雨、雨(後でF1見たら、呆れる位の凄いコンディションだったのね)はっきり言って途中で引き返したくなるくらい(-.-;)。おいおい、ロードじゃなくってトレイルだぞー。現地で雨が上がってたって、既にコースは泥だらけの筈。せっかくのレースデビューなのに、誰の行いが悪いのだ??(もちろん雨男疑惑は…隊長にあり)

最近車で遠征が多いけどトレヒヨ隊としてはこんなに遠出した事がない。ロングドライブになると持病の腰痛が気になる私。いつもは後部座席に座るのだけど、今回は少しでも体の自由が利く助手席に陣取った(むーひよには後部座席は狭いだろうにゴメンナサイ)
足は伸ばせるので体の自由は利くが、ここに座るという事はほぼ寝れぬ…という事。眠い…眠い…。でも腰痛回避の方が大事!頑張って寝ずに現地へ到着。

P1010068 会場は体育館。雨模様なので全ての選手がここに集結。すごい混雑振り。ジョグノート東海仲間が先に陣取っててくれたからよかったものの、のこのこ行ってたらとても場所取りなんかできやしない。皆様お世話になりました<(_ _)>。

今回のレースはメインが32キロ、他に初心者用として12キロレースを新設。私?もちろんヒヨコとして12キロレースを選択。ロードでも32キロなんて中々走れないのに、山なんてありえな~~い。32キロ組が出走した後、空いたマッサージゾーンでマッサージと初のテーピングなんぞもしてもらって(膝のテーピングってすっごい頼もしいね)、ゆっくりストレッチしていざ私も出陣。

P1010072 今回はkuma隊長からとある「頑張ってみて!」というプレッシャーをもらっていたのだけど、この重馬場コンディションではそんな気になれず、初めのうちは「アップよ、アップー」なんて思いながらポテポテポテ。
でもロードから林道に入って間もなくドロだらけになりあっという間にどうでもよくなったので、序盤だっつーのに行っちゃえー、追い越しちゃえーとスピード上げる…おバカな私( ..)ヾ
ところで、トレヒヨ隊で唯一のトレイルレース経験者(親鶏だから当たり前)のkuma隊長からは「トレイルの上りは、まあ歩いていいんだよ」なんて聞いてたけのど、実際に今回のコースはそんなに勾配がキツい坂があまりなく、歩いていい坂じゃなくて歩いてはいけない坂(?)ばっかり。上りも下りも走る走る。
唯一歩いたのはコースで一番勾配がキツい山道のみ。とにかく道がぬかるんですべるし渋滞になってたので、ここでは早歩きしながら上りを走って上がった息を整える。ここで6キロ…半分終了、ここまであっという間。

給水取ってさあ後半戦。このあたりから廻りに女性の姿を見ることがなくなった…前半の最後の方まで最後まで見えていた女性の背中は、給水地点を越えたらまったく見えなくなっていた…あ~あ、置いてかれちゃったヽ(´ー`)ノ。ごっつい男性陣(笑)に囲まれながらのRUN。

途中で本当ならとにかく楽しそうな細くて勾配のある下り坂。いっつもなら「わーーーい」って激下りする筈の大好物なのだけど、とにかく滑ってそんな事で出来やしない。既に道にはあちこち滑った後がある。こんなトコ走ったってしょうがない。もうこれは私も滑るしかない。手でバランスとってズズズズズー。さあ、私は一体何のレースに出てるのでしょう(スノボってこんな感じでバランスとるのかしら?)
こんなところだけじゃなくって、上り下りと走りやすい勾配が続く道もあるのでそこは張り切って走る。楽しい♪が、調子に乗ってたら木の根っこに足を引っ掛けて軽く膝をついて転んでしまった。ああ、危ない危ない(^^;)。ここで怪我したら何にもならない。もちっと慎重に…。
ラスト3~4キロ位で丸太がゴロゴロと均等な感覚で倒れている。しかも斜めに倒れてるので端の方はソコソコの高さあり。低い方を通りながらかわしていくが、中には私のちょうど股下の高さと同じ丸太なんかもあり、これをまたいでまた進んでいく。ああ、私は一体何のレースに出てるのでしょう(障害物レース???)
とある道で誘導員が立っている「上の道を通って下さい」と彼が言った時には私は既に下の道を選択した後、両足とも足首までドップリ泥につかる…まるで田んぼに入ったかの様に…ホントに私は一体何のレースに出てるのでしょう(泥んこレースですな)
ばっちり泥をかぶった私の可愛いトレイルシューズは、既に上から見ると靴履いてるんだか泥履いてるんだか判らない状態。でももうそんな事どうでもいい!って位に開き直ってしまってる泥んこハイ状態な私。
ここまで自分で開き直れるものかと、はっきり言って笑ってしまった。子供の頃ドロだらけになると、もうどうでもよくなって余計に遊んでたあの感覚と一緒。

でもこの泥をたぷーり吸った私のシューズ、山の中にいるうちはいいのだけどゴール前の最後のロードに出た時に異常に重く感じる。そうよねー、もともと重量が重いトレイルシューズ。一体今何グラムになってる事やら。1キロ強ほどなんとかロード走ってゴール。

まず最初にした事は、体育館の外のお手洗いで足を膝上まで洗い、ついでにトレイルシューズも丸ごと水でじゃぶじゃぶ洗う。こうしないととても会場の体育館には入れない。
ああ、あのとんでもないドロだらけ状態の足とシューズの写真を是非撮りたかった。お見せ出来なくって残念。膝下からトレイルシューズまではほぼ同じ色で統一されてましたので、是非想像してみて下さい!

ゴール後直ぐにまだ空いているマッサージコーナーで攣りかけた両ふくらはぎのアイシング&マッサージ、ついでに腰もマッサージ(やっぱりロングドライブがキテいたらしく、走っている途中で腰が「ピシッ」となって痛みが出た)ふぅぅぅ、癒されるー。

ところでロングコースに出走していたトレヒヨ男闘呼組は途中で抜いたの抜かれたのとバトルがあったらしく、話を聞いていると中々楽しそう。ロードレースとは一味違う雰囲気だよね(ムーヒヨは楽しかったのか微妙だけど…捻挫明けだから)話し聞いてるとちょっとうらやましかったなー。
まあ私がロングコースに出たってこのバトルに絡めるはずはないのだけどね(-.-;)

今回の結果は頑張ってみて1時間10分38秒で6位。たぶん女性の出走者は70~80人ってとこでしょうか。私が出たのは初心者コースでツワモノはみんなロングコース走ってるとはいえ、初の1桁台ゴールは中々嬉しいもの。
入賞は3位までなので私は全然入賞圏外ですが、私としては大大大満足♪

すごく遠いので、また出るのは難しいレースだとは思う。でも…悲惨なコンディションだったけど…楽しかったなーo(^-^)o

☆☆本日の運動☆☆
トレイルレース12キロ

| | コメント (13)

今週の私…2

うんもう(`ヘ´) …最初から判っていたけど中々忙しかった今週1週間。

・月曜日―祝日、練習会&トレイル(別にこれはOK)
・火曜日―残業…STEP間に合わず。仕事が中々進まないので途中で投げ捨てて地元で飲み。
・水曜日―残業…格闘技系エクササイズ間に合わず。
・木曜日―残業…スイミングスクール間に合わず。
・金曜日―残業…それでも今までよりは早く帰れて、やっと風呂会員にはなれたー。

今週はちょっと体調も壊してて走る事すらしてなかったけど、今朝はこの運動していない状態にキレそうになり朝RUN。
いやーこれだけ動いてないと、朝弱いのに自主的に走りたくなるものだわー。体って怖い。
夜はなんとかお風呂間に合って…ふぅぅ。ジム子ジム男仲間の顔を久し振りに見て(みんな週末会ってるけど、私にとっては久し振り)ちょこっとでもおしゃべりしたら、残業続きでイライラしてた気持ちが飛んじゃった。とっちばれ。(この意味わかる人いるぅ?お隣の県では「どんとはれ」だ!)

| | コメント (5)

高尾山2部練

今日はマラ完の高尾山練習会。最近出れてなかったから高尾山は2ヶ月振りかな…?
P1010054_2 坂の途中でみんなでストレッチ…そしていつもの様に中級クラスでエッホ、エッホとRUN開始。
あれー?なんだか今日はやけにユルいなー。お休みが多い気がする…。
なーんて初めは考えてたけど、まあそんな筈はない。1号路のケーブルカー駅までの最後の坂道…ここで「ロードで流しをする様に走って下さーい」
んん???今なんか言った?ここって一番長―い坂で、いっつも歩きなんかも入れながら走ってなかったっけ?訳わかんない(/--)/ 
何がともあれ冗談ではないらしく4人ずつスタートしていって…こーゆー時にずっと待ってるのは嫌いなので、早めの組でスタート。
ぐええぇぇぇ…だから私上り坂大嫌いなんだってばー(じゃあ何で高尾山に来るって聞かないで…。私もわからん)えーん、長いよー、辛いよー。やれやれ…ケーブルカー駅でホッと一息。と思ったらなんと折り返しさせられてまた上り坂走らされたー。鬼ぃぃぃ。
その後いつもの様に108段の階段ダッシュ(ここ大好き♪)等交えて山頂到着。少しお休みして一丁平へ。
と思ったけど、あれ?いつもの方向には行かないの??何故か高尾山山頂に戻る方向の違う階段道に向かって…ここでまたダッシュ…。
P1010066 こんな階段が3箇所(結構長いのよ)階段の途中ももちろん坂道。これを2往復半。ぐええ…一丁平まで普通に走った方が楽だってばー。
実は前日に雨が降ってぬかるんでてランニングシューズだと危ないので今日はメニューを変更したそうな。
ここでもまた早めの組でスタート。もちろんきついが階段は嫌いではない私。後ろの人に追い越されたくなくって(バカだねー)ハイテンション
ε=ε=ε=(┌  ̄_)┘ダダダッ!
途中で今回マラ完初参加のkuma隊長ともハイタッチ♪でも、もちろんむっちゃキツいのよー。あんまりキツくって笑いが出ちゃう位。
まあこんな感じで練習して下って練習終了。下ってからは北海道マラソンに出てたスタッフからのお土産のお菓子で癒され~~。ごちそーさまでした
<(_ _)>

午後はトレイルシューズに履き替えてトレヒヨ隊出動。せっかくなので違うコースで2部錬。
関東ふれあいの道(…って知ってる?マイナーらしいよ)でトレイル。
途中で雨降ってきたけど、まあいいや行っちゃえー。
P1010061 ここ…すんごく楽しい。走るのに夢中だったから展望ポイント以外ではほとんど写真をとらなかったけど、人も殆どいないし道は走りやすいしもう最高!トレイル教えてもらってホント良かったー。
こんな楽しい遊びは止められないよ。ぐるーっと1周して午後は16キロ。ふぅぅ、面白かった。
午前と午後で体は結構な疲れ。でもこーゆー疲れって結構心地良かったりするのだよね。仕事疲れと違って…。さあ次はドコ行けるかな??
余談1:途中で雨にやられて所々はトレイルシューズでも結構大変。履いてた靴下は捨てるハメになったのだった。マラ完はこの日一丁平まで行かなくて大正解。
P1010058 余談2:途中でこんな大きいミミズに遭遇。びっくりー(o)!!
(足は…北海道マラソンで2時間半切った、とあるマラ完スタッフさんのものです。モデルありがとー)



| | コメント (4)

巨峰の丘マラソン

P1000995 今日の集合…4時50分にいつものジム前。今日はジムのRUN仲間総勢18名で「巨峰の丘マラソン」参加。車5台仕立てて現地へ出―発!
行きの高速…これだけ車が集まると、やらんでいいのに自然に高速バトル。抜いただの抜かれただの…結局最終目的地は一緒なのだが何故かこんなバカな事で盛り上がる。自分の足で走る前からなんとまあテンション高い事…(^_^;)

P1010002 レース会場が近づくにつれて道は見事に坂しかなくなる…しかもところどころ急勾配。
もしかしてこんなトコ走るのぉ?いやだなー、やっぱり他の女性陣みたいに5キロにするべきだったかなー。テンションさげさげー↓↓。(RUNも山も「よっしゃ、行くぞ!」って最初からテンション上がった事って殆どない…)

それにしても暑い、暑い、とっても暑い、天気予報では30度越えるとか言っている…。9月下旬のレースなのにどういう事?
P1010053 何がともあれえっちらおっちら数名でアップして走る気持ちに変えていく。だって参加賞のぶどうだけ貰って逃げるって訳にも行かないしねー。

毎年走ってる人に聞くとスタートは狭いので後方にいるとスタートまで2分以上掛かるとの事。今まで散々後悔したので今回は思い切って10列目位に並んでみた。でもドキドキしていつもの如くやっぱり後ろに下がりたくなる。
どーしよー(>_<) って思ってたら後ろからツンツンとされ…振り向いたら昨日マラ完練習会で一緒だった方。「頑張りましょうねー」って言われて少しほっとし、ここで後ろに下がるのはやめて覚悟を決める。

レースは…数百メートル進むとすぐ上り坂スタート。初めはフンフンと走るが前半はひたすら上り上り…。時々訪れる急勾配…なだらかな上りならホッとする位。
だんだん富士登山レースの時のイヤな思い出が蘇る。ああ、私は上りが大嫌い!だったんだ…。
3キロ地点で旦那にまた笑いながら抜かされる…でもついては行けない…。ゼーゼーハーハー、ああ、歩きたい…(T_T)
5キロまできて、タイムはなんと28分。もう30分切れただけでもいいやーと投げやりな私。
もうちょっと登りが続いて…。さあいよいよ下り。この先も上りが待ってる事は知ってるけど、だからと言って下りでは気持が止められない。さー、行きますよー。わーーーーーい\(^o^)/。素敵な勾配の坂を下って下って…シメた、ここでダンナを見つけてあっという間に追い越した。ヤッター。

またやってくる上り。ここは我慢我慢、歩きさえしなきゃいいや。って走ってまた下り。しかもさっきより長い激勾配。
いやーん、楽しいよぉぉぉ。頭の中がプチンプチンと切れて行くのが判る。あ、これってトレイルの下りの時もなるよなー。
ここの下りもかなり長かった。この下りで終れば幸せだったのだけど、ここでまた上り坂。またもや勾配がきつい。
途中でにこやかな男性が立っていて、「後100m位できつい坂は終わりですよー」と言っている。確かに合っていた。が、終ったのは‘きつい’坂であって、上り坂が終った訳ではないのである。も、嘘つきー(騙された事件その①)。

上りが終った頃の給水所、ここでボランティアのおばさまに「女性の5番目だよ」と言われる。え?うそ?(◎o◎)!! いや、そんな筈は…。
でも、もしかして…と思ってじゃあとりあえず抜かされない様にしようと最後の下りを更に張り切って(最後の下りじゃないかも知れないと思ったけど、もう頑張るしかない!)出走しなかった友達に応援されながら最後にスパート駆けてゴール。結果は51分8秒。
ああ誰にも抜かれなかったぞ、さて結果は??すぐに完走証を貰いに行ったら…ぜーんぜん違って12位だった。ああ、やっぱりね…でも期待させるなよぉ(`ヘ´)!!(騙された事件その②)

が、こんな気持ちの時、マラ完で去年何度かご一緒したネコタロウさんご夫妻(長野マラソン以来の再会)やラフィネ練習会仲間(先日一緒にずっとトレイルの話しながら走ってた)とばったり出会ってテンション復活。
ふぅぅ、私如きがそんな入賞なんて無理。あーあ、少しの間夢を見ちゃったな
 ( ..)ヾ

P1010032 レース終了後、すばやくとあるブドウ園に移動して美味しいワインを試飲三昧(もちろんその後買ったわよ!)が、その後ホンワカ気分からだんだん疲れがどっと出てきた。
夜の大宴会は少し休ませてもらってから参加。会話は堪能したけどどうもゆっくりペースでしかお酒が飲めない…。ああ、ガンガン飲むつもりだったのに、頑張れよぉ私の体!!結局1次会で撤退。ああ情けない…。次の機会こそ(笑)

翌日、絶対二日酔いになってるだろうと思ってたからRUN用のウェアーを持ってきてなかったのに爽やかに目が覚めた。ああ、いい天気で朝RUNしたい…すごく残念。次は走れなくってもとりあえず走れる準備はしていこう!

家に帰ったらもうランネットに結果が出てた…早いね。
総合では949人中142位、女性だと272人中の12位だそーな。ホントに走れる人はみんな20キロに行っちゃってるんだけど、それにしても夏の間全然ロード走ってなかったんだけどね。
トレイル効果ってすごいんだなー。

☆☆本日の運動☆☆
RUN…アップ1キロ、レース10キロ

| | コメント (18)

マラ完練習会@織田フィールド

P1000984 今日は代々木公園の織田フィールドでマラ完練習会。本日のメニューは嫌いなトラックで嫌いなペース走。ああ、嫌いばっかり集まってしまった(>_<)

グループ分けは下記の通り。
A)6分30秒~7分00秒ペースで8kmのグループ 
B)6分00秒ペースで8kmのグループ 
C)5分30秒ペースで8kmのグループ 
D)5分00秒ペースで10kmのグループ 
E)4分30秒ペースで10kmのグループ

一応最初はDのつもりだったけど、突然夏が戻ったかの様にとても暑い。
主催者中田さんが「暑いので、がんばらないといけないレベルには行かないほうがいいです」と言ったので、ここでなんちゃってモードを発揮しすぐレベルを下げ、Bに入って途中からCに移る事に
 
P1000988 P1000991 2キロほどジョグしてストレッチしていよいよメインメニュー。

はっきり言って暑い。いったん曇りになって、ほんのちらっと雨も降り、また最後はピーカン。
昨日ちょっと具合が悪かったせいもあるのか体がとても重い。5分ペースグループなんて入らなくってよかったー
(^_^;) 。えっちらおっちら走ってなんとか8キロ終了。

最後は2000mタイムトライアルの予定が、あまりの暑さに1000mに変更。
よかったよかった。ぐだぐだに疲れてるのに、更に2000mも真剣に走りたくない!
私はペース走だのタイムトライアルだのキツい練習は嫌いなので自分ではやらない。
はっきりいって頑張るのはマラ完の時だけ。でも中々タイミングが合わず結局やるのはほぼ半年振り。
いつもこのトライアルは何故か秒数まで揃って4分7秒だったのだけど、今はどうなってるのだろう?ちょっと試してみたかった。
私にしては珍しく頑張ってみたら…ワーイ初めて4分切れたー。3分58秒(微妙!)
この夏ろくに走ってなかったのに記録更新とは、やっぱり山効果ってすごいのかしらーね、びっくり。
何がともあれ嬉しいな、嬉しいな
(^o^)/

このT.Tで頑張ってしまったため、足が筋肉痛になりそうな感じ…。
やばい、明日はレースだ。
と言う訳で帰りはそのままジムに直行。エアロテクニック1本で体をほぐして帰宅。
体力の問題もあるけど…私は走った後のエアロは結構お勧めよーo(^-^)o
違う筋肉使うから、体が結構ほぐれるの。

さあ、明日は巨峰の丘マラソン、朝が早いからもう寝ますか…。

☆☆本日の運動☆☆
RUN約12キロ

| | コメント (8)

今夜は久々皇居Run

夏の間暑いのがイヤで、1ヶ月半から2ヶ月近くロードで走ることはほぼ放棄してたので超久々に皇居へ。
名古屋からジョグノート仲間のナリシンさんが仕事で来たので初ご一緒RUN(前は飲みだけ参加…)
待ち合わせの時間にはだいぶ余るので、わっひよと隊長とまず先に1周。

さてさて、私はすっかりキロ6分で楽しくおしゃべりしながら走るつもりでいた。が、待ち合わせには微妙に6分ペースでは間に合わない。
わっひよ先頭で最初からペースが上がる…だんだん上がる…。
もちろん男2人にはジョギングペース、私1人で頑張ってる状況。うー。
結局…1周25分。こんなペースで走るのはホント久し振り。

もう1周ですっかり満足で帰りたいところだけど、ここでナリシンさんと待ち合わせなのでもう1周。
日曜日にフルを走ったばっかりの隊長もいるし、2周目はゆっくり…って言ってたのに、やっぱりわっひよがまた少しずつペースを上げる。
この時の気持ち…「ガルガルガルゥゥー。」
途中でヘバってきて「歩く~、歩いていい?」とグチ垂れるが「ガードランナー」とか言って(笑)前に後ろに男性3人に囲まれ、歩くことは却下される。みんな優しいこと…。ふぅぅぅぅぅ。

またもや2周目で止めたかったのだけど「それではハーフの練習にならないでしょ?」(自分のハーフのベストタイムと同じ制限時間のレースに間違えてエントリーしてしまっている)と言われて更にもう1周。
グルグル廻ってると飽きちゃうから、私は中々3周出来ない。久し振りだー。
坂道登ってまたもやヘバりかけた頃、ふっとマラ完でよく言われている「腕振り!」を思い出す。そうだ、何やってるんだろー。後ろに腕を引っ張って腰の動きを意識するんだ、胸を開くんだ…。
あ、ふっと体が軽くなった。とたんに苦しくなくなってRUNが楽しいー。さっきまでおしゃべり(グチ)しながらだったけど、気持ちよく走れてて今は何も話したくない…。
無言でしばらく走り続けて最後はビルドアップしますよー、ってわっすぃに引っ張ってもらって3周終了。

ふぅ。終ってみれば、みんなにひっぱってもらってとっても気持いいRUN。3人ともどうもありがとー。グチってたけど、とっても楽しかったよ!
って、うるさくてゴメン…。

☆☆本日の運動☆☆
RUN15キロ&ダウン1キロ

| | コメント (11)

観音崎にて…「海の幸RUN」

今日はジョグノートリンク仲間中心で「海の幸RUN」。
みんなで走ってその後美味しいお寿司なんかを食べよーという企画。総勢10人強の団体様。

私の住んでるところからRUNをする観音崎まではちょっとした小旅行になるけど、午前中眼科に定期健診に行ってて時間がなくなったので(いっつも1時間位待たされる…)昼前にあわてて電車へ飛び乗る…。
どっかの乗り継ぎポイントでおにぎりか何かを買おうと思ってたけどどこでも時間がなくて叶わず…。結局お昼ごはんを食べないままRUNをするハメに…。

待ち合わせは「京急観音崎ホテル」浮くのを承知でここのお手洗いで着替えをさせてもらったけど、他のお客からちょっとヘンな目で見られてたなー。
P1000950 P1000956 P1000975



さてさてRUN…晴れてとても暑かったけど風が結構あって走りやすい。なにより私の住んでるところにはない海RUNは絶景でワクワク。こんなところでいつも走れたらホントいーなー、荒川河川敷ばっかりじゃなくって…。
途中で坂を上って灯台なんかも行ってみる。ここでもRUN姿の集団で浮いてる私達。でも関係ないない。だってこんなに景色がいいのだもの。

ずっと気持ちよく走ってたのに、途中で異変が…。やっぱり何も食べてないのには途中で体が反乱を起こし(一応ソイジョイもらって食べて、途中のコンビにでヴィダーインゼリーなんかも入れてみたのだけど)だんだん胃がキリキリ痛くなってきた。
でもまだ走るのを止める程じゃあない。途中の道にある大きな岩が並んだ道を走っていると足に神経を使わなきゃいけないので、胃が痛いどころじゃなくってかえって楽…としばらくは走ってみたもののそろそろ限界。
途中でガソリンスタンドがあったのでわっすぃが中を見に行ってくれたのだけど食べ物は結局なく、しょうがないので1人遅れてゆっくり走る。そのうち両ふくらはぎが「ピシっ」と痛くなってふんだりけったり。
みんなからは「エネルギー枯渇?」「脱水?」と色々言われたけど、結局両方だった気がする。
エネルギー枯渇はまあ当たり前。水も普段は2~3リットルは飲んでるところを昨日は飲む量がかなり少なかった。初めての経験でビックリしたけど、これで少しオトナになるかな?きっとこんな無茶はもうしないわ。
ちなみに…コンビニ寄っておにぎりとお水とたっぷり飲んだらすぐ治っちゃった。頭の中と同様体もかなり現金なワタクシ。

走り終わってホテルに併設の温泉施設でゆっくり汗を流して(これまた海が見える絶景の露天風呂)いよいよ第2部の「海の幸」
P1000981 会場を久里浜のおすし屋さんに移してみんなでビールで乾杯!!とてもさっき具合が悪かったとは思えない私。でも飲みますよー、食べますよー。
RUNの話やRUN以外の話もたーっぷりしてそれでもしゃべり足りなくって2次会もばっちり。
ランナーは本当に良く食べ良く飲み良くしゃべるしゃべるしゃべる。それだけの体力がバッチリそろっている頼もしい人たちなのだ。
さーて、次はドコで走って飲みます、皆様??

| | コメント (15)

ばんえい競馬

私の昔から腐れ縁友達の一人(冗談でチーム○○を作っている/みんな保育所から一緒)が、北海道移住10周年っつー事でばんえい競馬を買ったそうな…。
レース名「北からの便り」9月9日、出走16時。
っつー事で、記事載せておきます。
ばんえい競馬って知ってます?興味を持った方…馬券買ってみて下さいな。
っても友達がが儲かる訳でもないだろうが…。ただし…台風でつぶれるかもだってさー。
ありゃりゃー。


以下…友達の記事

十勝:http://www.banei-keiba.or.jp/
協賛レース一覧:http://www.banei-keiba.or.jp/information/19kyousan-itiran.htm

お近くの方、来れそうな方は是非!おびひろ競馬場で会いましょう!
遠方の方、来れない方は是非!ネットで馬券を買いましょう!
馬券購入:http://www.oddspark.com/portal/
当日はワタクシ、1時間前より競馬場に行っております。レース終了後、プレゼンテーターとして表彰式に参加します。
本当は優勝馬との写真撮影もあるはずが、馬インフルエンザの関係でなくなりそうですが(涙)。皆様のご参加、お待ちしております!

| | コメント (7)

トレヒヨ尾瀬合宿その2

朝、合宿メニューの早朝ウォーキングに参加したかったけど目が覚めたとたん頭がガンガン。とても起きてられないので鎮痛剤飲んでもう一眠り。
何とか朝食時間までにはだいぶ復活し、食事の後はみんなで女子マラソンを観戦。土佐礼子の追い上げに鳥肌が立つほど感動。銅メダルすばらしいです。

さてこの後RUN組は往復22キロRUNの予定。私たちは尾瀬沼に行くので5キロだけRUNして撤退。今度は車でその道を走っていくと次々とRUNNING中の合宿メンバーに遭遇。応援しながら大清水まで。
ここでゆっくり準備をしていたらここを往路ゴールにしていたメンバーに結局追いつかれてしまった。P1000860 本当にここでみんなとお別れして私たちは歩いて尾瀬沼へ。

この尾瀬沼に行くためには少し上らないと…とは聞いてたけどちょっとした坂道が続くだけかと思っていた。実際には峠を越えないといけないのでちょっとした小山を上る感じ。また今日も上りぃぃ??と文句タラタラ(昨日も山に登っているので、ランラン登る元気はなし)いつも上りの時はブーブーうるさくて申し訳ない…。
が、三平峠を超えたらその先には…絶景が待ってた。
P1000882 尾瀬沼の向こうには燧ケ岳が見える。なんてきれいな山。お昼ごはんを山小屋で食べて (けんちんうどん。大当たり!)尾瀬沼1周ウォーキング開始。
P1000899 P1000905 のんびり植物観察したり風景を楽しみながら(珍しく)本当にゆっくりゆっくり進む。が、ちょうど中間地点まで来た時あまり時間がなくなっている事に気づき、ここから「巻き」が入る。
もう遅いので誰に会うこともないが、トレッキングの人が見たら多分引いてしまうであろうスピードで歩く私達。心臓はバクバクしていくけど大丈夫。私たちはこれはこれでそれなりに楽しんでいる(M?バカ?両方??さてどうでしょ)残り半周は予定通りの時間で終了。
ところで行程の途中で熊の巨大なフン(しかも新しい)を発見。今日は熊鈴を持ってきていなかったので身の危険を感じ、閉店した山小屋(先ほどお昼を食べたところ)の売店で無理にお願いして購入。
070903_214501 私もお慰み程度に小さいかわいい熊鈴を購入。さあ峠を超えて帰りましょう。
この峠、往路はブツブツ言いながら上っていたけど下りはとっても魅力的。昨日楽しさを覚えてしまった木道…我慢出来ずに他のみんなに「走っていい?」とも聞かずにダーっと走り出す。もちろん残り3名も一緒に走り出す(このメンバーが我慢できる訳ない)
木道の他にも階段、石段、私が大好きな岩でごつごつした道と足元が刻々と変化していき、始めはタッタッターと走っていたのだけど次第にアドレナリンの注入で頭のスイッチがプツンと切れ後は全開モード。
こーゆー時はどこに足を置くか一瞬で判断しながら駆け下りていく…この感覚がとてもとてもたまらなく大好き。細心の注意を払いながらもスピードをつけていき顔はにっこにこ…。先ほど買った小さい熊鈴も走り出すと結構大きな音を出してくれるので、時々メンバーと少し離れることがあっても怖くない。
子供の様に走り切った100%堪能の復路。あー、面白かった。
始めは国立公園内だから…と2日とも走る予定ではなかったのだけど、ふたを開けてみたら結局両共下りはトレイルになってしまったなー。まあこのメンバーではしょうがあるまい(笑)

ところで私は9/2でちょうど走り始めて1年。一番気の合うRUN仲間とロードあり、トレッキングあり、トレイルありの盛りだくさんの1日で中々幸せな1周年記念日。
1年前初めてkuma隊長と会った時トレイルってという言葉すら知らず「なんですかそれ?」って聞いてたくらいだったのに今じゃこんな事になってます、私…。

| | コメント (11)

トレヒヨ尾瀬合宿その1

そろそろトレヒヨで合宿やろっかーなんて話があがった頃、ちょうどジョグノートでのリンク仲間(尾瀬在住)がRUN合宿やりませんかー企画を立ててきたのでこれに便乗。RUN合宿ではなくトレイル&トレッキング合宿にして参加。
今回も早朝3時発にて一路尾瀬へ。だいぶ慣れてきたとはいえ、とにかく眠い…。
車を津奈木でとめてここからはバスで鳩待峠へ。バス料金は片道900円也(高い…)ここからトレッキングスタート。
Dsc01491 Dsc01507 まずは尾瀬ヶ原の入り口の山の鼻まで。ずっと続く木道はとっても歩きやすい。左手に至仏山を望みながらマイナスイオンバリバリの道を歩いていく。
ここで最初の病気が…この木道って走ると楽しそう…。でも他の観光客もいるし国立公園内だから今回は歩き!と念を押されてたのでそーんなことはせずに(あたりまえか?)自然を楽しみながらウォーキング。

Dsc01521_2 Dsc01533_3 山の鼻からは憧れの尾瀬ヶ原をこれまたゆっくり散策(ゆっくりって言っても…自然と他の観光客よりは足は速いらしい。ワハハ)
この後の行程がまだ残っているので牛首までで引き返して山の鼻でトレヒヨランチ。今回のランチは今までで一番豪華。下準備をしてあった野菜を使って焼きそばを作り、パンにはさんで焼きそばパン。P1000822 炒めているといいにおいがしてみんながこちらを注目(そりゃそうだろ)
私はあまりの寝不足に具合が悪くなってしまったので、準備をしているみんなには悪いけど仮眠タイム。5分~10分位寝ると何とか復活。

午後はここから至仏山(標高2228M)へ。こんな午後から登り始める人なんか早々はいないらしく登山道は空いている。
が、木の枠の中に水がタップタプに溜まり、しかも蛇紋岩というとてもすべる岩がゴロゴロしているためはっきり言って上りづらい。が、見て下さいこの絶景。P1000825 これを見れるのだからそーゆーのは苦じゃなくなりますね。
ところで…午後はワタクシなぜか絶好調!お昼に仮眠を取ったせいかも…。
登り始めこそ息が上がってちょっと辛かったけど段々軽くなってきて、岩も木の階段もヒョイヒョイと進める。こりゃ楽しい♪♪P1000837_2 登りで楽しいなんて始めての経験。時々後ろを振り返って絶景を楽しみながら上へ上へ。
P1000839_3 ここが山頂。下から見上げてた時は「きつそー、無理、やだー」とかブツブツ言っていたのに、結構あっという間だったかな、上りは正味1時間40分。こーゆー事してるとまた現金女と呼ばれてしまうのだろーなー。

下りは小至仏山経由。ここまでが超怖い。先ほども書いた蛇紋岩がとにかく滑るので慎重に慎重に下ってるのにそれでも滑る。トレイルシューズがこれだけ効かないのは初めて。参った。
登りが楽しいと思った経験も初めてなら、下りがこれほど怖いと思った経験も初めて。ようやく木道に戻ってきてホッと一息。
P1000850 P1000853 さあこの木道、午前中のトレッキングの時も走ったら楽しそうと感じてたのを我慢してた。
ここでは私たち以外だーれもいないので我慢する必要なし。さーーー、走らせて頂きます!!
程よい下り、程よいカーブ、まるでジェットコースターの様。楽しい楽しい楽しい。

が、もうすぐゴールに到着するという頃、突然藪の中からガサガサ、バキバキというすごい音が…。
まさか熊??隊長が持ってた熊鈴を思いっきり鳴らしてもらい、大声出しながら早歩きでその場を離れる(走っちゃいけないと聞いてたので…)
ゴールの鳩待峠で熊目撃情報の看板を見る。時間も場所もばっちり合致。ああ、あれはやっぱり熊かー。
高尾山だって熊は出るって聞いてたけど、実際に熊の存在を感じたのは初めてで鳥肌が立つ経験。
やっぱり山は楽しいだけじゃすまないなー。

夜は合宿所になったジョグノ仲間さんのペンションヘ。いつものいつも会う人、初めてお会いする人、みんな混じって世界陸上見ながら楽しくおしゃべり。
楽しい夜で(やるとは思っていたけど)やっぱり飲み過ぎたなー。

☆☆本日の運動☆☆
トレッキング&トレイル計18キロ

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »