« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

年末LSD(回想)

秋の飲み会だったかなー、わっすぃが自分の家のあたりから荒川河口まで走って往復すれば70キロ走が出来ると言い出した…。
話が一気に盛り上がり年末の最後のイベントに決定。
もちろん私はそんなに走れる筈もないので折り返し地点の葛西臨海公園から半分だけ参加。

12月30日…いつもなら大掃除の日。ダンナに「それじゃあいつ掃除するんだよー。」と怒られたので、前日29日は会社休んで大掃除。これで文句はあるまい!

早朝出発地点に集合してみんなのおべんとうを集めて公園までデリバリーするよーと申し出た。
いざ行ってみたらなんと人数は9人、初参加の人もちらほら…。
しまった、弁当が重っ…。
それにしてもみんな長距離に飢えてるの???

出発したみんなを見送っておうちに帰って「みんなは今走ってるんだなー」と思いながらもうひと眠り。
ぼちぼち起きて電車で移動して公園でみんなと合流―。いやぁみんなまだまだ元気ですねー。
お昼ごはん食べて、さあ私も走ります!
公園から合流組は私も含めて3名。ここで人数は12人の大所帯。おいおい… (^_^;) 人数の多さにちょっとびっくり。

しばらくはおしゃべりしながら快調にRUN。
が、10キロ過ぎから少しずつ異変が…右足の甲がじんじん痛くなってきた。
ストレッチすると少し良くなるけどまたすぐ痛い。これを庇いながら走ってたら左足が痛くなり、右もますます痛くなり…ついに20キロ位から歩くことに。
情けないやら痛いやら寒いやらで気分はどん底。一緒に歩いてくれたのは久し振りに会ったisaoさん。
彼も調子があまり良くなく「たかが練習なんだから、ここで無理したってどうしようもないですよ」って言ってくれて(ありがとぉ。ウルウル)なんとかスタート地点のテントまで到着。
先日走ったフルより短い距離なのに、とてもとても長い25キロ。(結局時間がなくてみんな最後10キロは中止)
元気に走れてナンボだなーと実感実感…。


後日談:足の痛みはその後も走るたびに現れしばらく走ることを楽しめなかったけど、整骨院で見てもらったら筋が痛んでました。
湿布張っても自分で何やっても治らぬ筈。フルマラソンのダメージだったのね。

| | コメント (2)

クリスマスRUN 10キロ(回想)

水曜日に帰国したばかりなのに、日曜日にはもうレース。昭和記念公園のクリスマスランです。
どうせまともに走れないのだから、仮装するというチームメンバーと一緒にポテポテ走ろう…(やる気0%)
今回はホノルルに一緒に行った友達もエントリー。せっかくだからジム子4人で買ったホノマラの子供用Tシャツを着てお揃いRUN(子供用Tシャツはモノがいいのに大人用より全然安い。何より日本人にちょうどいいサイズでお勧め!)
記録狙いのむーさんに追い越される瞬間激写をを狙って後ろを気にしつつ、おしゃべりしながらゆっくりゆっくり10キロ…。
体はまだまだお疲れモードだったからこの位でちょうど良かったなー。
マラ完の推奨レースにもなってたので、練習会仲間も会場に多数。
スタッフ(コーチ陣)は上位独占状態、さすがだわー。

| | コメント (9)

DAY7(回想)

朝6時バゲッジダウン…。夢遊病状態で荷物を渡す(パッケージはここが面倒ね…)
明らかに2日酔い、いや3日酔い…。ギリギリまで2人とも死ぬようにベッドで睡眠。午後の便で助かったー。
2日酔いで飛行機乗るのは初めて。気持ち悪いので向かい酒するしかない!
映画数本見ながらワインとビールをガンガン飲んでたら日本到着。
ああ、完全にお祭りが終ったんだなー。
明日から仕事だけど、しばらくはホノマラの余韻に浸りながら仕事…んな訳ない!
ああ、会社行ってメールとFAX見たくなーい!

| | コメント (9)

DAY6(回想)

今日はカピオラニ公園で完走証を貰えるので、朝からお散歩がてら公園へ(…とても走れん)

1時間位前に行ったのにすでに行列が…。早めに来といてよかったー。
ここでは完走証の他に現地の新聞がもらえます(出走者は無料Honolulu_15 Honolulu_16
これに全完走者の記録が載るので記念になります。まず自分を探してニマニマニマニマ…。その後ジムメンバーを探してみたけど、数が多くて探しきれない。直接タイムを聞くしかないね。

メインイベントが終って、もうなにやっても自由!海水浴解禁と思ったけどいやぁ波が高い。
このロボット状態で海に入ったら溺れそう(笑)なので断念。またもや買い物ウォーキングへ…。
レース終了後と2日目の2日間連続買い物ウォーキングが良かったらしく午後にはロボット状態脱出。やたっ。

今日は夕方からジムチームで打ち上げ。あまりの人の多さに、さすがにゴール地点では会えなかったので、みんなと会えるのが楽しみ楽しみ…。
本日の会場は「チーズケーキファクトリー」ここの1品1品の量がアメリカン!な料理や飲み物は、大食いが多いジムメンバーにはバッチリなお店と申せましょう。Honoluu_13 Honolulu_14
とにかくすごく混むので4時半集合。お陰で15分位並んだだけで入ることが出来た。わお、すごい…。
私たちがお店に入れる頃にはすでにすごいWAITINGの数。おー、ぎりぎりセーフだったなー。
後は食べる飲む騒ぐ食べる飲む騒ぐ…。昨日は走ったフルのカロリーなんてとーっくに消え去ってしまった。

その後全然騒ぎ足りなくてジム子ジム男夫婦の部屋で2次会。
やばいなー、明日帰るんだよなー、荷造りしてないんだよなー、二日酔い(たぶん確定)で飛行機乗れるかなー。

| | コメント (0)

DAY5 HONOLULU MARATHON(回想)

全く眠気を感じないのに無理やりベッドに入ったはいいが、やっぱり全然眠れず…。それでも本番はやってきました。
午前1時起床。熱っついシャワー浴びて冷たい水で顔を洗って無理やり体を起こし、朝食を無理やり胃に詰め込んでいざ出発。
普通はスタート地点までバスで移動するのだけど、それではバラバラのホテルに泊まっているチームメンバーにほぼ会えない…今回はDFS前集合でウォーミングアップがてらみんなで歩いて行く事に。Honolulu_1_1
バカ話をしながらゆっくり会場へ向かい結局45分位は歩いてしまった。余計な体力使い過ぎたかな…でもこうでもしないと皆に会えないからね、しょうがないか。

スタート地点は人、人、人…そしてみんな超お祭りモード。この盛り上がりはいったいなんだ…。これからフルを走る緊張感なんてまったくなくって総ハイテンション軍団。お陰でこちらも初フルだっつーのに緊張感はゼロ。ただ楽しみなだけ。初心者には最適なレースだ、うん。
号令と共にスタート。 花火が上がると共に皆大騒ぎ。が、もちろん直ぐにスタートできるわけもなく3~4分くらいしてやっと牛歩が始まる状態。結局スタート地点についたのは15分後でした。
ホノルルMは上位3名以外は公式記録はスタート地点からの計測。全然焦る必要はないのだ。
男性陣とはすぐにお別れ、1キロ位は一緒に走ろうって話してた友達は「ゆっくり走って絶対ゴールするから先行って~」と言われて500メートル位でこちらも早々にお別れ。
初フル1人旅のスタートです。

スタートしてから暫くはまだ真っ暗。沿道のクリスマスイルミネーションがとても綺麗…。Honolulu_2_1 Honolulu_3_4 Honolulu_4_1





中華街を越えていよいよワイキキのカラカウアアベニューへ。
うわあすごい人、まだ5時過ぎだってのにこんなに起きてる人がいるのだなー。
ホントに鳴り物入り(パプパプ、ドンドン)の応援で超楽しい。ずっとここ走ってたいなー。
まあそんな訳にも行かずにカピオラニからどんどん先へ…。この10キロあたりから周りはみんな同じペースでやっと走りやすくなってきた。
途中の公園でお手洗い発見!元々超トイレが近い私、出来れば簡易トイレじゃないトコがいーなーなんて思ってまだ入らなくって大丈夫なのに入ってみたら…キャー、皆考えてることが同じだったー。結局ここで10分以上待つ羽目に…。その後のトイレはどこも空いていたのだ…失敗失敗!

とある角を曲がると…おりょっ!突然急な坂道が始まった。心の準備が出来てないのにダイヤモンドヘッドの坂が始まったんだー。
でも坂つったってここは1キロ位しかないはず。
エッホ、エッホ…。
さすがにギャラリーはいないけど、時々立っているボランティアが「Almost the top!!」と励ましてくれる。
ホント?ホント?と思いながら走ってたら、ホントに直ぐ終わった(笑)帰りもこんな感じで走れればいーなー。

道はいよいよ高速へ…往復とも長くて一番厭きるポイント…。残念ながらTOP選手は折り返して高速を降りた後だったけど、それでも高速ランナーさんたちがどんどんすれ違っていく。単調な高速で厭きないように有名人を探しながらRUN。おお、テレビの中継者の後ろに長谷川理恵発見。結局探せたのは1人だけだった…楽しみにしてたのにちょっと残念。Honolulu_6
夜明けを迎えたのは高速の上、あまりに綺麗なので一旦立ち止まって撮影。急に止まったので後ろの人が私にぶつかりそうになってしまった…ゴメンナサイ(この写真じゃないけど…)

やっと往路の高速が終わって、楽しみにしていたハワイカイ地区に到着。Honolulu_9 とっても景色がステキな高級住宅街。ここの夜明けは凄く綺麗だよーと前に走った知人に聞いてたけど、全然間に合わなかった(3時間半位で走らないと見れないな…)

たっぷり景色を堪能しながら大きく一回りしていよいよ復路の高速へ。Honolulu_11_1 まず最初に一緒に来た友達を探す…。
高速を降りるすぐそばまで来ていたのですぐに発見。よしよし元気で走ってる。よっしゃこっちも頑張る頑張る!
高速降りていよいよ35キロ地点。今まで走った最高距離は30キロ。ここで記念撮影…が、失敗。まあ仕方がないね。
このあたりも高級住宅街、憧れのカラハ地区。あちこちの庭ではマダムが放水してシャワーを作ってくれている。
下々な私としては、あの水道代高そうだなーなんて思いながらも恩恵に預かる…。いやー気持いい。

いよいよ前方にはダイヤモンドヘッドが見えてきたのでここでストレッチ。
実は30キロ地点位から既に太ももやハムストが悲鳴を上げていたので2~3キロごとにストレッチ三昧。
1回1~2分だけと決めていたけど、最後の難関だーと思うと不安になってついつい5分弱くらいはストレッチしてしまった…。
坂の真下…1キロだから6分30秒以内で登ろうと決め、時計をにらんで登り開始。後5分、4分、3分…てな具合に走ってたら、無事6分ちょっとで登り終了。そんなに苦しくなくって良かった。Honolulu_7 Honolulu_8




坂をワーイと降りて、実は一番キツイところは油断してたけどラスト1キロだった…。
最後の直線コース、ああ遠くにゴールが見える。と思ったら実は見えていたのは「YOU CAN DO IT!」の横断幕、紛らわしいったらもう…。
走っても走っても中々ゴールが近づかない。苦しいので「あの電柱まで」「次はあの電柱まで」と手前だけ見ながら走る。
にっくき(笑)横断幕を超えたら私のゼッケンナンバーをコールするアナウンス。ゴールゲートをくぐる…ここで飛びっきりの笑顔をつくってゴール。Honolulu_10
4時間38分。ああ終わったー。ゴールのすぐ裏にあるシャワーでみんなウェアーごと汗を流す。冷たくてチョー気持いい。
嬉しさより、もう走らなくていいんだーって思ってほっとしてしまった。。
テントに戻ってからゆっくりと喜びを味合う…。こうやって私の初フルは終了…。

ホテルに戻る際、面白い光景を目撃。歩いている人の殆どがロボット状態…もちろん私も友達もそうなんだけど。
一旦ホテルに戻ってから、寝るという友達と分かれてNIKE SHOPへ…。
寝てはいけない、動かなきゃいけないと言われていたので無理やり歩く歩く。
途中でジム男が私を見つけて声を掛けてくれたけど暫く気が付かなかった…。
まっすぐ前を見据えて無理やり歩く私の姿は「中々恐かった」そうな…ぶーぶー。

| | コメント (0)

DAY4(回想)

早朝、オクトーバーランで知り合った人たちと水族館前で待ち合わせをしていた。
ものすごーく楽しみにしていたのに私はなんと待ち合わせ時間を1時間も勘違い!
準備の途中で気が付いて水族館まで激走したけどさすがに20分は待っててくれるはずもなく…落ち込みながらトボトボ1人RUN。
早朝から周りはランナーさんであふれ返っていてDscf0096 Dscf0099_1 目印に着ていったオクトーバーランTシャツがとても恥ずかしい…。少し走ってさっさと退散。


午後、フィニッシュ地点にゴール後の着替えを預けに行って(写真の袋に入れます)Dscf0108_1 ついでにゴールを見物。Dscf0090_1 ああ、ここに戻ってくるのね。ちゃんと走って戻ってこれるかしら…ドキドキ。



明日はいよいよレース。深夜1時起きだからとにかく早く寝ないと。ゆっくり通りを散策して6時ごろ用意してもらったお弁当でお腹空いてないのに無理やり夕食(早いー)取って8時就寝。
お休みなさーい。

| | コメント (0)

DAY3(回想)

とりあえず走ってみたけど暑くてすぐヤメヤメ。2キロだけRUN。
午前中は買い物WALKING、午後は更に買い物を続ける友達(すごい購買欲だよ)と分かれて1人海岸沿いで読書三昧。Dscf0101
ホントは泳ぎたいんだけど12月のワイキキビーチって結構波高いんだよね。
レース終わるまで我慢我慢。


夜は前夜祭「ルアウ」に参加Dscf0030Dscf0032。食べ放題、飲み放題(実際にはそんなに飲む訳にはいかぬ)でショーを楽しみます。



ジェイク・シマブクロライブ良かったナー。
テレビでしか見たことなかったけど、ウクレレ弾いてる姿は結構カッコいい♪
薄着で行っちゃって寒かったのに、最後まで見ちゃった。
今年は初めてジェイクもRUNで参加だってー。

| | コメント (0)

DAY2(回想)

参加しているツアーで早朝ランニングがあるので出ようと思ってたけど、起きたら窓が風でガタガタ揺れている。半そで短パンしか用意してないので、こんなとこで風邪ひいてはたまらんと参加を取り止めてもう一眠り。
後で知ったがホテルの前の通りはビル風で常に強いだけ。サボんなきゃ良かった…。

今日はハワイに行ったら絶対行こうと決めていたショップ「ランニングルーム」へ。
場所がちょっと微妙なのでRUNにてお店へ…ああ、あづいあづい。やっぱりホノルルは昼走るトコロじゃあありません。
15分位ゆっくり走って到着。 お店に売ってるウェアーは日本で売ってるものより断然華やか。ステキなのがいっぱいあるのだけど、既に私のサイズが中々ない。
あらかた他の日本人客に荒らされた後であったか…残念。
かろうじて見つけたパイナップル模様のシャツとパステルイエローのパンツ(可愛いの♪)をスイカマラソンの時に着ようと思ってお買い上げ。
またあのお店行きたいなー。

| | コメント (0)

HNL DAY1(回想)

今日はいよいよホノルルマラソンのため日本脱出。
会社はお休みして朝からジムでマッサージ受けてお風呂入ってリフレッシュ。さあ行ってきますかねー。

成田に到着したら…何やらいつもと違う雰囲気。今日走る訳ではないのにジャージやランニングシューズ姿の人々、あちこちに走行会ののぼり、そう…さしづめレース会場の様。笑える。
そして格好は普通の洋服でも時計を見るとやけにみんなごつい(これは私もだ…)明らかにみんな走りに行く人達なんだなぁ。

フライトはもともと全席Yクラス設定の便を選んでいたので、交渉してビジネスクラスシートをGET。やたっ!
とはいえ…ホノルル線でロクに寝れた事がない私、この席でもやっぱり寝れないまま現地到着(フラフラ…)
そうそう、機内では機長の挨拶の際に「ホノルルマラソンに参加される皆様のご検討をお祈りします」なーんてアナウンスがあったり、職員さんの手書き応援メッセージ(一人一人内容が違う)入りのプレゼントDscf0116 があったりと盛り上げてくれちゃいます。




ホテルに荷物を預けてまず最初にコンベンションセンターでレースエントリー。Dscf0010 Dscf0017
考える事はみな同じで同日に到着した会社の同じ課のランナーさんだの夫婦で来たジム男ジム子に遭遇。
合流してジム友みんなで併設のNIKEショップでお買い物♪ここはヤバイヨー。可愛いホノマラ限定GOODSが目白押しで危険地帯極まりない。初日から最終日までどれだけカードを切ったことか…。
この日はこの後もアラモアナ等々買い物WALKが夜まで続くのでした…。やっぱりワイハは買い物よねー。

それにしても、ハワイは到着すると出発日の朝まで時間が戻ってるので、いつもながら長い長い初日…疲れたなぁ。

| | コメント (0)

初応援(回想)

今日は地元レース。ホノルル1週間前なのでさすがにエントリーは避けて応援だけです。
会場はいつも走りに行っている公園、超地元です。チームのみんなの出走前の模様でも撮影しようと思っていたのに家でトラブル発生。急いで自転車で会場に行ったけれども既にみんなスタート地点へ移動済み。ありゃりゃー。
とりあえずスタートでチームメンバーを探すもまあ見つからない…。代わりに見つかるのはジム子ジム男にや話したことはないけどジムでよく見かけるメンバーさん達。さすがは地元だ。
スタートが済んで誰も居ないチームテント前で1人朝食。実はレースに応援だけで来たのは始めて。ヒマだなー。お店も…だし、と思ってたら10キロ組は直ぐ戻ってきた。
合流してハーフ組の応援。ハーフは後半が大変らしく戻ってきた人たちはバテバテ。来年出てみようと思ったけど、ハーフはやめておこう!
それにしても応援だけってちょっと物足りない。やっぱり自分で走りたいものだわ。

終了後はみんなで打ち上げ。私は午後のSTEPエクササイズに出たいのでセーブ…の筈があまりにも暑かったのでついついビール3杯。3杯目にはジムを断念(シクシク)
ところが…後で風呂会員でジム行ったら、明らかに酔っ払っているジム男が約2名STEPをしている。
彼らは彼らで打ち上げをしたのだろうけど、私とちがって諦めてなかったのね…ああ、後ろで見てると明らかに酔っ払い。イントラが怒ってるのが判る(コワーイ)
STEPは、特に上級クラスは酔って踏み外すと大怪我になるから大変。きちんと諦めるとこは諦めないとネ。

| | コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »