« DAY4(回想) | トップページ | DAY6(回想) »

DAY5 HONOLULU MARATHON(回想)

全く眠気を感じないのに無理やりベッドに入ったはいいが、やっぱり全然眠れず…。それでも本番はやってきました。
午前1時起床。熱っついシャワー浴びて冷たい水で顔を洗って無理やり体を起こし、朝食を無理やり胃に詰め込んでいざ出発。
普通はスタート地点までバスで移動するのだけど、それではバラバラのホテルに泊まっているチームメンバーにほぼ会えない…今回はDFS前集合でウォーミングアップがてらみんなで歩いて行く事に。Honolulu_1_1
バカ話をしながらゆっくり会場へ向かい結局45分位は歩いてしまった。余計な体力使い過ぎたかな…でもこうでもしないと皆に会えないからね、しょうがないか。

スタート地点は人、人、人…そしてみんな超お祭りモード。この盛り上がりはいったいなんだ…。これからフルを走る緊張感なんてまったくなくって総ハイテンション軍団。お陰でこちらも初フルだっつーのに緊張感はゼロ。ただ楽しみなだけ。初心者には最適なレースだ、うん。
号令と共にスタート。 花火が上がると共に皆大騒ぎ。が、もちろん直ぐにスタートできるわけもなく3~4分くらいしてやっと牛歩が始まる状態。結局スタート地点についたのは15分後でした。
ホノルルMは上位3名以外は公式記録はスタート地点からの計測。全然焦る必要はないのだ。
男性陣とはすぐにお別れ、1キロ位は一緒に走ろうって話してた友達は「ゆっくり走って絶対ゴールするから先行って~」と言われて500メートル位でこちらも早々にお別れ。
初フル1人旅のスタートです。

スタートしてから暫くはまだ真っ暗。沿道のクリスマスイルミネーションがとても綺麗…。Honolulu_2_1 Honolulu_3_4 Honolulu_4_1





中華街を越えていよいよワイキキのカラカウアアベニューへ。
うわあすごい人、まだ5時過ぎだってのにこんなに起きてる人がいるのだなー。
ホントに鳴り物入り(パプパプ、ドンドン)の応援で超楽しい。ずっとここ走ってたいなー。
まあそんな訳にも行かずにカピオラニからどんどん先へ…。この10キロあたりから周りはみんな同じペースでやっと走りやすくなってきた。
途中の公園でお手洗い発見!元々超トイレが近い私、出来れば簡易トイレじゃないトコがいーなーなんて思ってまだ入らなくって大丈夫なのに入ってみたら…キャー、皆考えてることが同じだったー。結局ここで10分以上待つ羽目に…。その後のトイレはどこも空いていたのだ…失敗失敗!

とある角を曲がると…おりょっ!突然急な坂道が始まった。心の準備が出来てないのにダイヤモンドヘッドの坂が始まったんだー。
でも坂つったってここは1キロ位しかないはず。
エッホ、エッホ…。
さすがにギャラリーはいないけど、時々立っているボランティアが「Almost the top!!」と励ましてくれる。
ホント?ホント?と思いながら走ってたら、ホントに直ぐ終わった(笑)帰りもこんな感じで走れればいーなー。

道はいよいよ高速へ…往復とも長くて一番厭きるポイント…。残念ながらTOP選手は折り返して高速を降りた後だったけど、それでも高速ランナーさんたちがどんどんすれ違っていく。単調な高速で厭きないように有名人を探しながらRUN。おお、テレビの中継者の後ろに長谷川理恵発見。結局探せたのは1人だけだった…楽しみにしてたのにちょっと残念。Honolulu_6
夜明けを迎えたのは高速の上、あまりに綺麗なので一旦立ち止まって撮影。急に止まったので後ろの人が私にぶつかりそうになってしまった…ゴメンナサイ(この写真じゃないけど…)

やっと往路の高速が終わって、楽しみにしていたハワイカイ地区に到着。Honolulu_9 とっても景色がステキな高級住宅街。ここの夜明けは凄く綺麗だよーと前に走った知人に聞いてたけど、全然間に合わなかった(3時間半位で走らないと見れないな…)

たっぷり景色を堪能しながら大きく一回りしていよいよ復路の高速へ。Honolulu_11_1 まず最初に一緒に来た友達を探す…。
高速を降りるすぐそばまで来ていたのですぐに発見。よしよし元気で走ってる。よっしゃこっちも頑張る頑張る!
高速降りていよいよ35キロ地点。今まで走った最高距離は30キロ。ここで記念撮影…が、失敗。まあ仕方がないね。
このあたりも高級住宅街、憧れのカラハ地区。あちこちの庭ではマダムが放水してシャワーを作ってくれている。
下々な私としては、あの水道代高そうだなーなんて思いながらも恩恵に預かる…。いやー気持いい。

いよいよ前方にはダイヤモンドヘッドが見えてきたのでここでストレッチ。
実は30キロ地点位から既に太ももやハムストが悲鳴を上げていたので2~3キロごとにストレッチ三昧。
1回1~2分だけと決めていたけど、最後の難関だーと思うと不安になってついつい5分弱くらいはストレッチしてしまった…。
坂の真下…1キロだから6分30秒以内で登ろうと決め、時計をにらんで登り開始。後5分、4分、3分…てな具合に走ってたら、無事6分ちょっとで登り終了。そんなに苦しくなくって良かった。Honolulu_7 Honolulu_8




坂をワーイと降りて、実は一番キツイところは油断してたけどラスト1キロだった…。
最後の直線コース、ああ遠くにゴールが見える。と思ったら実は見えていたのは「YOU CAN DO IT!」の横断幕、紛らわしいったらもう…。
走っても走っても中々ゴールが近づかない。苦しいので「あの電柱まで」「次はあの電柱まで」と手前だけ見ながら走る。
にっくき(笑)横断幕を超えたら私のゼッケンナンバーをコールするアナウンス。ゴールゲートをくぐる…ここで飛びっきりの笑顔をつくってゴール。Honolulu_10
4時間38分。ああ終わったー。ゴールのすぐ裏にあるシャワーでみんなウェアーごと汗を流す。冷たくてチョー気持いい。
嬉しさより、もう走らなくていいんだーって思ってほっとしてしまった。。
テントに戻ってからゆっくりと喜びを味合う…。こうやって私の初フルは終了…。

ホテルに戻る際、面白い光景を目撃。歩いている人の殆どがロボット状態…もちろん私も友達もそうなんだけど。
一旦ホテルに戻ってから、寝るという友達と分かれてNIKE SHOPへ…。
寝てはいけない、動かなきゃいけないと言われていたので無理やり歩く歩く。
途中でジム男が私を見つけて声を掛けてくれたけど暫く気が付かなかった…。
まっすぐ前を見据えて無理やり歩く私の姿は「中々恐かった」そうな…ぶーぶー。

|

« DAY4(回想) | トップページ | DAY6(回想) »

「RUN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DAY4(回想) | トップページ | DAY6(回想) »