« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

「クリール」の取材(回想)

今日はマラ完の練習会。吉祥寺の銭湯前集合。開店前の銭湯で着替えてここに荷物を預け建物に鍵を閉めて(巨大なロッカー?)練習が終わったら一番風呂にありつけます。吉祥寺駅から3分とは思えないとってもとってもレトロな銭湯。Db222363_1 C2bc8b53_1
いつもどおり銭湯の前に行ったら…いつもジムで会うとあるジム男がいた。
ここでジムメンバーと会うとは、かなりビックリ。


さて今回はもう1つのびっくり。ランニング雑誌「クリール」の取材で編集長が来ていた。
メルマガで事前に連絡があったらしいのだけど、私は忙しくて読んでなかった。うー、こーゆのは苦手!緊張しちゃうんだよねー。
なるべく気にせず尚且つ写らないようにしよう…。

練習会場は井の頭公園内にある400mトラック。今日のメニューはコントロール走。初めて聞く練習方法だったのですが、1キロ毎にペースを15秒上げて3キロ、また最初のペースに戻して同様に3キロ…結構きつーい。
走力に合わせて3チーム位に分かれての練習だったのだけど、ここで一番すごかったのが編集長。
一番速いチームや一番遅いチームに合わせ、速くしたり遅くしたりまちまちのペースに合わせながらの取材。
さすがに走る雑誌の編集長は自らもものすごく走るのだなーと妙に関心してしまった…

後日、雑誌を見たらジム男が大写り!私も逃げ回ってた割にはなんだかんだいって何枚か載ってしまった。私を探すのは難易度が高いと思うけどー。

| | コメント (4)

2回目のハーフレース(回想)

早いものでいよいよホノルルマラソンまであと3週間。本番前に最後のレースです。
場所は戸田彩湖、今回は一緒にホノルルに行くジム子及び、突然「どんなもんか走ってみたい」と言ってエントリーしたダンサージム子と一緒。さー、楽しみましょ。

ところが…朝から天気はどんより…今にも雨が降り出しそう。なーんてこったい、すごく寒い寒い寒い…。ジム子は小さい頃から寒いのが大の苦手…。まあしょうがないので走りますかね。

一緒に来たジム子たちから遠慮せず先に行っていーよーと言われたので、スタート地点でさようなら~。
とりあえずいつも走ってるキロ6分位で走り出す。暫く走ってて…あれ?体が軽い。もうちょっと早くしても、もしかして大丈夫??とちょっとだけ上げる。それでもまだ体が軽い…。
こんなこと始めてでなんか走っててすごく楽しい♪すごく寒いのに気持はハイテンション(顔はニマニマ)

2周の周回コースなので、半分走って一旦スタート地点へ。あれ、もう半分?あと半分走ればいいの??
前のハーフの時は10キロ地点でヘロヘロだったのに全然距離感が違う。
風で飛びそうな帽子が邪魔だったのでチームメンバーに帽子を渡して2周目。帽子を渡したとたんに雨がチラチラ降ってきたけど、ううーーかまうもんかー。さらにもちっとスピードアップ。
最後数キロはもしかして2時間切れるかも…と俄然やる気になり、1周目には食べたオレンジも2周目は諦めた(美味しかったのに)
結果は1時間59分49秒。笑っちゃう位ちょっとだけだけどなんとか2時間切れたのでした。
さぁ、これで後はホノルルだー!

ところで…これがランナーズハイ状態だったのかしら??

| | コメント (4)

EKIDENカーニバル(回想)

これが2レース目という事になるのでしょうか。EKIDENカーニバル西東京大会出走です。
10キロ/5キロ/3キロ/キロで一番鈍足の私はもちろん3キロ担当。ドキドキ。
今回は一緒にホノルルマラソンに行くことになっている私のジム友も一緒に参加(レースデビュー)私は普通チーム、彼女は仮装チーム…。ナースさんなのでそのままナース姿で参加です(これは仮装か…?)

この日はあいにくの雨模様。チームokojoは雨男がうじゃうじゃいるようなので、これは仕方ない…。
ロングの部はショートの部の後で時間があるので仮装チームのお手伝い。「
かおなし」の顔を白く塗っていきます…。オモシロー。人の顔っていじるとたのしいわぁ。
あんまり楽しいのでショートの部に参加しているメンバーさんの応援をし損ねてしまった…ごめんなさい。

さてさてロングの部のスタート。緊張してて何時ごろ自分がタスキ交換所に行けばいいのかすぐ忘れてしまう…。1区Kumaさんに何度か確認するも、3度目位には呆れられてしまった…。すいませんバカでしつこくて…ぐっすん。 
最初に仮装チームの紹介があって、そのまま仮装さん1区担当は一番前からのスタート。Dscf0352_1
とってもマジモードな走行会の方々に混じって先頭にいるのは「女装セーラー服男」「バカ殿」そして我がチームの「かおなし」…ものすごいショットです。

さて、いよいよ私の出番。周りの雰囲気に飲まれて思わずガーッと走り出すもチームリーダーのマスターに「〇〇さん、ゆっくりー」と止められる。ああ、そうだった。なに焦ってるんだろう。
でも…今までキロ6分より早く走ったことがないけど3キロだけなら頑張れそう。いつもより早く走ってみて、結果は15分2秒でした。
10月から練習始めて、亀の歩みながらちっとは進歩してるらしい、ほっ。

が、タスキ交換所につくも、第4走者さんがいなーい。迷い人用(笑)のお立ち台に乗ってタスキを上に掲げて数分ボーッ。
参加チーム数が多いお祭り駅伝だけあって人を探すのも大変。こんな迷子さんがたくさんいるのです。

終わった後はもちろんみんなで打ち上げ。たった3キロしか走ってないのにカロリーは3次会分までばっちり。
1店舗につき1キロRUN換算…ああ、恐ろしや恐ろしや。

| | コメント (2)

初めての30キロ走(回想)

フルを走る前に1回30キロは走っといた方がいいよーと言われたけど、初心者の私はとても1人で走れたものではない。
チームのみんなにお願いしたら、日程が大山トレイルの翌々日になってしまった…(確かにこの日しか入れられなかった)いやー初心者ちゃんにはなんともハードなスケジュール。
今まで走った最長距離はレースデビューの際のハーフが最高、30キロなんてどっきどき。

メンバーは5名の予定。ところがメンバー1人が待ち合わせの10時に来ない…。電話してみると「11時からでしょ、これから家出るよ~」となんとものんき。待ってられないので先に出~発。

始めは…キロ7分位でしょうか、ゆっくりゆっくりスタート…。天気も上々でおしゃべりしながらの楽しいRUN。遅刻者の噂話や、おととい行った大山の話なんかでやけに盛り上がってハイテンション(今思えばなんであんなテンションだったのだろうー)
こんな感じで折り返しの15キロ地点まで到着。
ここで一旦休むのかなーなんて甘い考えを持っていたけどクルっと折り返し…。おりょ、少しスピードが速くなった。
少し走ると往路で合流すると思っていた遅刻者がエイドを持ってやっーと合流。ああエイドだぁ、ああ休める、と思ったのもつかのま、ちょっと食べたらすぐ出発。
まああんまり休むと練習にならないんだろうけど、もちょっと休みたかったなー。
暫く走っていくと…エイドを持ってきてくれた遅刻のKumaさんが(ハードスケジュールによる?)お疲れモードでどんどん遅れていく…。気になるけど練習会をお願いした身で人のことを心配してられる立場じゃないんだろうからそのまま走り続けて、そしてペースを作っているマスターは少しずつ少しずつペースを上げていく。
お話ししながら何とか気を紛らわせてたけど28キロ地点位からヘトヘトで遂についていけなくなり私も遅れだした(このころキロ何分だったんだろうなあ?)ここでペースアップ終了。
残り2キロを何とか走って…ああ、30キロだぁ。

この3日間、初日大山トレイル、2日目ラテンエアロ、水泳&ステップエクササイズ、最終日30キロ走と酷使した足はさすがにバテバテ。
よく頑張ってくれたね、ありがとう。走り終わった後はジムでよーく足をマッサージ。
でも…フルはまだ更に12キロ以上あるのね。先が思いやられるなぁ。

| | コメント (0)

大山トレイル(回想)

この間のバーベキューの終わりにマスターが「大山トレイルやりまーす」と言い出した。
大山?どこ?板橋区の大山?山音痴の私はこんな状態…。聞けば神奈川県のとある山らしい…とてもいいトレーニングになるとのことなので、それじゃあと参加することに…。

駅到着後お手洗いで着替えて…さて山まで行くのにみんなバスへ乗り込んでいく…。
私たちも乗るのかなーと思ったら「何言ってるの?走るよ。ここしかまともに走れないから…」だそうな。
私そんなに走れるのかなー。
初めは平坦、楽しく走っていくも途中で大事なことに気が付いた。寝坊してあわてて家を飛び出した私、なんとお昼ご飯を忘れてきてしまったー
<("O")>
既にコンビにはなく買えるお店がない…だんだん坂道がきつくなっていっても私の頭の中は買いそびれたお弁当で一杯。
坂道はもちろん苦しいけど、余計なことに頭が行っていたせいでなんとか走りきれたー(バカ?)

バスで降りた人たちはそのままケーブルカー乗り場へ。
いーなー、私ケーブルカー乗ったことない…乗りたいなー。が、もちろんそんなものは使うはずもなくトレイル開始。
と言ってもとてもとても走れたものではなく、少し登るとすぐ息がぜいぜい、時々休みながら少しずつ上るしかない。
一緒に来たわっすぃはとうに姿が見えず…マスターもこちらの様子を時々見ながらも先に進んでいく…。
ケーブルカー降り場から先はジーンズ、スニーカーの普通の格好の人がいともたやすく登っていくのに、格好だけは一人前の私はこの頃までにはすでにヘロヘロ。ジーンズ軍団には意地でも負けるかーと気合を入れ直し。Dscf0333
その甲斐(どの甲斐?)あって、だんだんケーブルカー軍団がぐったりゆっくりになってきているところを、これをホイホイ(な振りして)追い越しながら登って…やったぁ頂上だぁ。
tokoさんと二人でばんざーい\(^o^)/。

山の中腹のお店でおにぎりを買うことが出来たのでこれを食べ、まっーたく足りないので更に売店でカップラーメンを食べ(高いけど美味しかったなぁ…)さあ下り…。
さてこの日は男性陣のわっすぃとマスターはトレイルシューズ、一方女性陣の私とtokoさんはランシューズ。男性陣2人がわああぁぁぁといった感じで降りて行くのが気持ち良さそう。
でも私のシューズはすべるので怖くてとてもそんな事出来ない(-_-メ)
いーなー、楽しそうだなー。いつかトレイルシューズを買ってやる!

下山したらそのまま温泉へ…なーんで気持ちのいいものか…。
風呂上りのビールも普段の何倍もうまーい
o(≧∀≦)o。世の中こんな美味しいビールがあったのね…。

山→温泉→ビールのゴールデンコースを覚えてしまったからには…また行くしかないね。

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »